Thank you for your interest!

Add free and premium widgets by Addwater Agency to your Tumblelog!


To hide the widget button after installing the theme:

  1. Visit your Tumblr blog's customization page (typically found at http://www.tumblr.com/customize).
  2. Click on Appearance.
  3. Click Hide Widget Button.
  4. Click on Save+Close.

For more information visit our How-To's page.

Questions? Visit us at tumblr.addwater.com

[close this window]
  • Home
  • Archives
  • RSS

POSTINGS

研究への熱意から生まれた アントレプレナーシップ

株式会社ジーンクエスト 代表取締役 高橋 祥 子 (たかはし しょうこ)さん

日本において起業を経験する人はほんの一握り。まだまだ身近な存在ではない。博士後期課程に在学する若手研究者ながら個人向け遺伝子解析サービスを提供する株式会社ジーンクエストを立ち上げた高橋祥子さんも、自分が起業するなど考えたことがなかった。普通の理系学生だった彼女が事業を興し、研究を社会に還元しようと決めた理由は何だったのか。そこには、研究者がアントレプレナーシップを発揮するヒントがあった。






ビジネス経験ゼロからの起業 

ジーンクエストは生活習慣病など、日本 人に関係の深い約 5000 種類の遺伝子を調 べ、200 種類の項目の遺伝子的な病気リス ク、体質などの情報を得ることができる遺 伝子解析サービスの会社だ。高橋さんが会…

View On WordPress

  • Posted 3時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

【イベント】研究費獲得のコツ〜民間研究費獲得のコツと自動車業界のオープン・イノベーションを実現するAZAPA株式会社のトークセッション〜

リバネス研究費AZAPA開設記念 ~リバネス研究費獲得のコツ~

民間研究費獲得のコツと自動車業界のオープン・イノベーションを実現するAZAPA株式会社のトークセッション

民間研究費を運営している株式会社リバネスと自動車業界でオープン・イノベーションを実現するAZAPA株式会社がリバネス研究費AZAPA賞を設立します。

■リバネス研究費AZAPA賞

この設立を記念してイベントを開催。これまで自動車が深く関わってきた機電系の研究のみならず、生命科学、医学、情報科学、社会科学、心理学、認知科学、様々な分野の研究者がAZAPAの未来のくるまづくりに参加できます。新しい業界にチャレンジするためのきっかけに、セミナーに参加しませんか。

第1部 研究費獲得のコツ(リバネス)

企業とアカデミアの研究者の共同研究のきっかけとして、民間研究費への申請があります。独自研究費を運営して5年目…

View On WordPress

  • Posted 3時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

君の研究で建物の常識を打ち破れ!

株式会社竹中工務店 執行役員 技術本部長 兼 技術研究所長 谷口 元 さん

「衣食住」と言われるように、住まいを建てる建築は私たちの生活の基盤となる活動だ。江戸時代の神社仏閣の造営に始まり、日本初のドーム球場「東京ドーム」、高さ日本一のビルになった大阪の「あべのハルカス」まで建築の設計と施工を手がける老舗建設企業の同社は、建物のさらなる可能性を求めて、新しいアイデアを求めている。

多様性を維持する研究所

「建築学科出身者ばかりかというとそ うでもないんですよ」というのは、竹中 工務店の技術研究所長を勤める谷口さ ん。建築学専攻の他にも、化学、数学、 生態学など多様なバックグラウンドをも つスタッフが多く集まっていることが同 社の強みだ。「建物は人の生活に大きく 関わるものなので、あらゆる分野が研究 対象になります」と語る。自身は、当時 先進的であった建物構造の数値解析を…

View On WordPress

  • Posted 9時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

アントレプレナーに会いにいこう『熱いアントレプレナーを発掘・育成する』

特集 アントレプレナーシップは鍛えられるか? シードアクセラレーションプログラム「Tech Planter」 driven by リバネス

Tech Planterはものづくり、ロボティクス、バイオ、ヘルスケア、食、農などの分野から、情熱を持って世界を変える若き起業家 を育成するシードアクセラレーションプログラムです。 このプログラムの対象は「研究成果やプロダクトで世界を変えたい!」と考えているけれども、ビジネス化にハードルを感じている 方。参加者にはスタートアップ、中小企業、大企業などで活躍してきた各分野のメンターからアドバイスがもらえる機会を設けていま す。アントレプレナーが生まれてくる現場に遭遇してみたい方は、毎週日曜日に会議をやっているのでリバネスにお越しください。

TPG

この育成系のスタートとして、Tech…

View On WordPress

  • Posted 9時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

「マイナス」を 「ゼロからプラスにする」への転換 株式会社エンバイオ・ホールディングス

株式会社エンバイオ・ホールディングス 代表取締役 西村 実さん

「事業について色々な準備が整ってきた今だからこそ、次の時代を共に創っていくことができる仲間や研究シーズを探したい」。
そう話してくれたのは第20回リバネス研究費「エンバイオ賞」を設立する株式会社エンバイオ・ホールディングスの西村実さん。
同社は、土壌汚染対策事業、土壌汚染関連機器・資材販売事業、ブラウンフィールド活用事業の3つの柱によって、国内外の土壌汚染対策を行っている。

今まで行ってきたのはマイナスをゼロにする仕事

端的に言うと、エンバイオ・ホールディングスの事業は土壌や地下水の汚染された部分を浄化することに集約している。
同社の事業は、土壌の汚染具合を調査・解析し、浄化方法を検討・提案するサービス、浄化工事に必要な機器や資材を取り扱うサービス、浄化した土地を適切に売買できる状態へ持って行くことで土地の資産価値を向上させて…

View On WordPress

  • Posted 19時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

お客様と相談しながら、プラスチック 65 年

試験管もシャーレも、研究現場で欠かせない道具は多くが プラスチックに変わってきた。この業界で特に高い製品精度 と滅菌技術を求められる医療用シャーレを製造しているのが 関東合成工業株式会社だ。65 年間金型と成形の一貫製造を 行ってきた老舗を守るのは若き 3 代目。1 業種 1 社のお客様 に真心を込めて製品を作る誠実誠造の言葉を胸に、お客様と 真正面から向かう代表取締役社長の犬飼功一さんを訪ねた。

関東合成工業株式会社 代表取締役社長 犬飼 功一 さん 金型から成形、組み立てまで一貫製造

関東合成工業株式会社はプラスチック 製造の黎明期から現在に至るまで続く会 社だ。同社の強みは金型から成形までの 一貫製造。この業界では通常、金型を作 る会社と成形をする会社は別のことが多 い。しかし実際には両方を同じ社内で扱 うほうが、効率が良いと犬飼さんは言…

View On WordPress

  • Posted 20時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

片手サイズの分子間相互作用解析装置がバイオものづくりを支える from 「BIO GARAGE」vol.22

片手サイズの分子間相互作用解析装置がバイオものづくりを支える from 「BIO GARAGE」vol.22

分子どうしの相互作用は、その分子の機能に直接的に関与しうる現象であるため、様々な解析手法が開発されてきた。この分野に2013年に登場したBLItzの特徴のひとつが、少ないサンプルボリュームで分子間相互作用を速度論的に解析できることだ。そしてこの特徴を最大限に活かして生体物質の応用範囲を広げようという研究が進んでいる。小スケールでの分子間相互作用解析装置をずっと探していたという理化学研究所の鵜澤尊規氏に、実際の使用例を伺った。

———————————————————————————————

User interview 2006年 京都大学大学院工学研究科博士課程修了 博士(工学) 理化学研究所基礎科学特別研究員および研究員を得て2014年より現職

2006年 京都大学大学院工学研究科博士課程修了 博士(工学)
理化学研究所基礎科学特別研究員および研究員を得て2014年より現職

生体分子の可能性に魅せられて

生物が持つ高分子はその多機能性で知られる。例えば、20…

View On WordPress

  • Posted 22時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

高速のスフェロイド形態計測が 再生医療、創薬研究を加速する from 「BIO GARAGE」vol.22

高速のスフェロイド形態計測が 再生医療、創薬研究を加速する from 「BIO GARAGE」vol.22

幹細胞、そして癌細胞の培養において、三次元細胞培養は非常に重要なツールとなりうる。その際、幹細胞の品質や薬剤の影響の1stスクリーニングの指標として有用なのが、スフェロイドの数とサイズだ。大日本スクリーン製造株式会社の高速3D細胞スキャナーCell3 iMagerは、わずか1.5分で96ウェルプレートのスキャンから計測まで行える、スフェロイドのアッセイをハイスループット化するための強力なツールだ。

スフェロイドの形態で細胞を評価する

幹細胞の品質や、薬剤の影響を評価する際、RNAの発現量を調べたり、検査試薬を加えたりするような方法では、試験に手間を要する上に、評価に使用した細胞はロスしてしまうことになる。Cell3 iMagerでスフェロイド(多能性幹細胞の場合、胚様体embryoid bodyとも呼ばれる)のサイズや形態を自動計測することで、それを高速、簡便化できるはずだ。
例えばヒト…

View On WordPress

  • Posted 22時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

難治性癌・癌幹細胞の 三次元培養薬剤スクリーニング from 「BIO GARAGE」vol.22

難治性癌・癌幹細胞の 三次元培養薬剤スクリーニング from 「BIO GARAGE」vol.22

再生医療分野で注目されてきた三次元培養法であるが、今、創薬の分野から熱い
視線が注がれている。協和発酵工業株式会社(現・協和発酵キリン株式会社)で癌遺伝子
Ras、Srcなどを標的とする抗癌剤の探索を行い、北里大学生命科学研究所を経
て現在は東京工業大学で創薬研究を続けられている中野洋文氏に、お話を伺った。

東京工業大学資源化学研究所 特別研究員 中野 洋文(なかの ひろふみ) 氏

注目高まる三次元培養技術

癌の創薬の歴史は、今、何度目かの転換点に来ているのだという。70年代以前に開発されたマイトマイシン、アドリアマイシン、5-FU、シスプラチンなどの抗癌剤は、主にマウスの癌を植え付けたマウス評価系で発見された。80年代からチロシンキナーゼや増殖因子の受容体などの分子標的に作用する薬剤の探索が盛んになり、白血病などの治療が進歩した。しかし、一度寛解した白血病においても再発することが多くその原因として治療薬が効かない癌幹細胞が残っていることが明らかにされてきた。…

View On WordPress

  • Posted 22時間前
  • 0リアクション
  • Permalink

網羅的なタンパク質解析で明らかになってきたヒストンメチル化の新領域 from 「BIO GARAGE」vol.22

網羅的なタンパク質解析で明らかになってきたヒストンメチル化の新領域 from 「BIO GARAGE」vol.22

ヒストンメチル化の基質が作られてからメチル化が起こるまでのメカニズムについては、未だ不明な点が多い。2011年にMolecular Cellにおいて、メチル化の基質合成とヒストンメチル化のつながりについて新たな報告をした、東北大学医学系研究科五十嵐和彦教授にお話を伺った。

東北大学大学院医学系研究科生物化学分野教授 医学博士(東北大学1991 年)、1991 年シカゴ大学博士 研究員、1993 年東北大学助手、1995 年筑波大学講師、 1999 年広島大学教授、2005 年より現職。

東北大学大学院医学系研究科生物化学分野教授
医学博士(東北大学1991 年)、1991 年シカゴ大学博士 研究員、1993 年東北大学助手、1995 年筑波大学講師、1999 年広島大学教授、2005 年より現職。

はじまりはヘムが関与する転写

五十嵐氏は、血球分化や酸素応答に関わる転写因子Bach1、Bリンパ球で特異的に働く転写因子Bach2、がん遺伝子産物MafファミリーのひとつであるMafKを中心に、転写制御のメカニズム解析を進めている。特にBach1、Bach2は、ヘム合成酵素に関する研究の一環として赤血球の分化…

View On WordPress

  • Posted 22時間前
  • 0リアクション
  • Permalink
About Me

George Yoshida(@geeorgey)







Favorite Quote


Is life worth living? It all depends on the liver.

-William James (1842-1910)


SEARCH

ADS